東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館トップページ
展覧会
資料室
利用案内
美術博物館の沿革
自然科学博物館の沿革
過去の展覧会
刊行物
デジタルアーカイブ
問い合わせ先
English

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 オルガン委員会
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 ピアノ委員会
大学院総合文化研究科教養学部
東京大学 博物館等公開施設





過去の展覧会

2003年度
色の音楽・手の幸福−ロラン・バルトのデッサン展−
2003年11月27日-12月25日




美術博物館リニューアル・オープン記念特別展
色の音楽・手の幸福−ロラン・バルトのデッサン展−

Musique des couleurs,bonheur de la main -des dessins de Roland Barthes-

場 所
東京大学総合文化研究科・教養学部 美術博物館
会 期
2003年11月27日から12月25日まで
開館時間
月曜日から金曜日11時〜18時まで
(12月5日・19日の金曜日は20時まで開館)
休館日
土・日曜日、祝日、大学の定める休日
(ただし11月29・30日、12月13・14日は開館)
入場料
無料
主 催
東京大学総合文化研究科・教養学部、
東京日仏学院、ポンピドゥー・センター・パリ、関西日仏学館、京都大学総合博物館
(会期:2004年1月14日から2月14日まで)
問合せ先
東京大学総合文化研究科・教養学部 美術博物館
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
TEL:03-5454-6139


20世紀の後半の知的世界をリードしたフランスの哲学者・思想家・作家たちのなかでも、どこにでもいながら、どこにもいない、まったく独自の光芒を放っていたロラン・バルト。記号学者、構造主義者、批評家、文化理論家、作家・・・あらゆるジャンル分けを超えて、そのつどまったく類のないエクリチュールを生み出してきたバルトは、同時に、毎日ピアノを弾き、ときおり、色を使った、独特の統一性のあるデッサンを生むアーティストでもあった。今回、色の音楽が立ち昇るかのようなそのデッサンを展示しロゴスとパトス、理性と感性との絶妙なバランスを――けっして苦しみなしにではなく――生きた不思議な作家バルトの《悲劇的な幸福のモメント》を浮かび上がらせる。類い希な日本論『記号の帝国』によって、わが国とも特別に関係の深かった思想家の内なる《色の響き》に耳を傾けたい。

■ポンピドゥーセンター所蔵のロラン・バルトのデッサン約50点を展示。バルトのテクストの抜粋と合わせて展示することで、死後23年経った戦後フランス思想の《星》の内的世界を浮かび上がらせる。

■日本初の国際バルトシンポジウムも合わせて開催し、学術的な解明も行う。


駒場博物館トップページ過去の展覧会一覧

copyright