東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館トップページ
展覧会
資料室
利用案内
美術博物館の沿革
自然科学博物館の沿革
過去の展覧会
刊行物
デジタルアーカイブ
問い合わせ先
English

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 オルガン委員会
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 ピアノ委員会
大学院総合文化研究科教養学部
東京大学 博物館等公開施設




展覧会スケジュール

2019年度 展覧会
 美術展を本の世界で2
―駒場博物館カタログ資料室2018 年度新収蔵分を一気に公開―
(終了)
2019年4月1日(月)~6月30日(日)
  文字なき文明の名もなき名工たち―古代アンデス研究の新展開 (終了)  2019年3月23 日(土)〜6月30 日(日)
  気候−海洋−氷床に関する特別展 −過去、現在、未来を探る−  2019年7月20日(土)~9月29日(日)

常設展
「オマーンの学校教育 2014年9月29日(月)~

共催・協力企画
一高校長時代の狩野亨吉―教養学部前史として― 2019年7月1日(月)~7月15日(月)
野呂景義展 ―日本鉄鋼協会創立者とその蔵書―  2019年9月2日(月)~11月29日(金)



常設展「オマーン展」
「オマーンの学校教育」

本「オマーン展」は、スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座の開設を記念するとともに、東京大学の学生・教職員にはもちろんのこと、多くの方々に、オマーンをはじめとする中東地域の生活や文化をわかりやすく紹介することを目的として設置されました。展示されている資料は、主としてオマーン国政府から提供されたものです。本コーナーは常設展として駒場博物館エントランス部分に設置され、特定のテーマのもと、一年に数度、展示替えをすることで、オマーンについて、そして中東地域について多角的に解説することを計画しています。
「東京大学におけるスルタン・カブース中東研究寄付講座設置に関する協定書」の前文の最後には、寄付講座がオマーン国と東京大学の友好、協力、パートナーシップの象徴となることが期待されていると明記されています。ささやかな展示ですが、寄付講座とともに、本展示コーナーがその期待に応えられるものになることを願っています。

 
「オマーンの学校教育」展示風景

会場 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1Fエントランス
開館時間 10:00-18:00 (入館は17:30まで)
入場料 無料
主催 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
東京大学中東地域研究センター(UTCMES)
問合せ先 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
TEL:03-5454-6139 FAX:03-5454-4929

ページのトップへ戻る


(共催)野呂景義展 ―日本鉄鋼協会創立者とその蔵書―
会場:東京大学 工2号館図書室



工学・情報理工学図書館では、「工学史料キュレーション事業」の一環として、工学部・工学系研究科、情報理工学系研究科の学術資産となる資料や物品の調査・収集を行っています。
このたび、日本鉄鋼協会「鉄の技術と歴史研究フォーラム」から当館に寄贈された、日本鉄鋼協会創立者 野呂景義の蔵書を工2号館図書室で展示いたします。
生涯、鉄鋼の科学と技術に情熱を注いだ野呂景義の足跡をご覧ください。

関連リンク: http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20190902_noro.html

会場 東京大学 工2号館図書室(工学部2号館5階
会期  2019年9月2日(月)~11月29日(金)
主催 東京大学工学部・工学系研究科、情報理工学系研究科
共催 東京大学駒場博物館
 協力  東京大学文書館
後援  日本鉄鋼協会、資源・素材学会

ページのトップへ戻る


気候−海洋−氷床に関する特別展 −過去、現在、未来を探る−



会場 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室
会期 2019年7月20日(土)〜9月29日(日)
開館時間 10:00-18:00 (入館は17:30まで)
休館日 毎週火曜日;8月14日(大学一斉休業日)
入場料 無料
主催  東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
協力   東京大学大気海洋研究所、国立極地研究所、東京海洋大学、高知大学、国立研究開発法人 産業技術総合研究所、英弘精機株式会社
 後援 東大駒場友の会 
問合せ先 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
TEL:03-5454-6139 FAX:03-5454-4929

ページのトップへ戻る


(協力)東京大学教養学部創立70周年記念展示
一高校長時代の狩野亨吉 ―教養学部前史として―
会場:駒場図書館 1階展示コーナー



駒場図書館所蔵の狩野亨吉文書のうち、今年が教養学部70周年であることもふまえ、特に一高校長時代の事績がうかがえる資料を中心に展示・紹介します。

関連リンク:東京大学 駒場図書館
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/komaba

会場 東京大学 駒場図書館 1階展示コーナー
会期 2019年7月1日(月)~7月15日(月)
主催 科研基盤研究C「狩野亨吉文書の調査を中心とした近代日本の知的ネットワークに関する基礎研究」
共催 東京大学駒場図書館
 協力  東京大学駒場博物館
美術展を本の世界で2
―駒場博物館カタログ資料室 2018年度新収蔵分を一気に公開―

この駒場の美術博物館の中には展覧会カタログ資料ばかりが集められている、大学組織としては珍しい資料室があります。今年で12 年目を迎えます。
何と言っても展覧会カタログの魅力は、「イベント」として終わればその存在が消えてしまう展覧会の知的記録になるだけでなく、一般の書籍にはない大胆なデザインが施されたり、極上の印刷技術が駆使されて展示作品の魅力が最大限引き出されたり、あるいは一般には知られていなくても優れた制作家が紹介されたり、「本」としての魅
力が詰まっていることでしょう。
2007 年6 月に開室以来この資料室は、全国の美術館、博物館、文学館等で催される企画展図録を中心に、駒場の研究教育にふさわしいものを精選して収集し続け、すでにその数17,949冊(他に雑誌865 種)を超えました。特に内容的に、学術性やデザイン性など優れたカタログを収集してきたために、近年では、アートドキュメンテー
ションの専門学会や専門家からも高く評価される資料室に成長したことを、大変喜ばしく思います。現在では、学外の利用者の方々も多くなりました。

そして一昨年からは、学内外の協力も得て、「東大比較文學會CatalTo (カタルト)【展覧会図録品評勝手連TOKYO】」という企画も立ち上がり、毎年品評会が行われるようになりました。何よりもこの企画は、大学院生十数人を中心にして運営されていることが特徴でしょう。彼らは「展覧会カタログ院生委員会」というボランティアの組織を作って、情報収集やカタルトの運営一切を受け持っています。そして東京周辺でこの一年間に行われた企画展のうち、優れたカタログを、鑑賞者および研究者の視点で数点選び、皆で楽しんで賞揚しましょう、という催しを続けています。
「オリンピック文化プログラム」「文学館の展覧会」「国際文化交流」「カタログデザインとポスターデザイン」など様々な特長をもつカタログを見つけ出し、その良さを広く一般にも知らせようとする彼らの試みは、何よりも展覧会を作っている現場の方々との直接の対話にも発展していることを、教員たちも嬉しく思っています。

「美術展を本の世界で」と題したこの展覧会、2回目となる今年はまず何よりも、2018 年度に新たに収蔵された全てのカタログを一挙に(!)手にとって頂くような展示を試みました。そしてこうして充実した資料室を舞台として、どのような授業が実際に行われているのか、東京大学教養学部前期課程(学部1、2 年生)の演習授業の一端を皆さまにもご覧頂きたいと思います。

駒場博物館カタログ資料室の存在は単なるアーカイブではなく、そこに大学院生の学術協力や、学部教育の実際が展開されたりするように、駒場の日常に深く関わって「生長」していく場であること、そしてそれを理解して今や様々にご協力くださる内外の方々の寄贈資料を得て、さらに学術的深みを増している場だと言えます。
どうかこの展覧会では、ひととき、心ゆくまで展覧会カタログの世界に浸っていただき、未知の事物や素晴らしい美術世界に皆さまが巡り会えますように。

最後になりましたが、御関係の皆様方にこの場を借りて改めて御礼致しますと共に、学内外の方々に、よりこの資料室が活用されることを心から願っております。
 美術博物館委員・東大比較文學会編輯委員
今橋映子
(東京大学大学院総合文化研究科・教授)


このちらしのPDFはこちら

会場 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室北側
会期 2019年4月1日(月)~6月30日(日)
開館時間 10:00-18:00 (入館は17:30まで)
休館日 火曜日 ただし4月30日(火)は開館
入場料 無料
主催 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
問合せ先 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
TEL:03-5454-6139 FAX:03-5454-4929

ページのトップへ戻る


ペルー日本人移住120周年・2019年日本ペルー交流年・2018年 日本・コロンビア修好110周年・2018年 日エクアドル外交関係樹立100周年・日本アンデス調査団60周年記念
文字なき文明の名もなき名工たち―古代アンデス研究の新展開

南米大陸の西海岸の諸国は、太平洋以外に隔てるもののない、日本の隣人です。このたびペルー、コロンビア、エクアドルと我が国の、長きにわたる人的、外交的、そして学術的交流を記念して、特別展「文字なき文明の名もなき名工たち―古代アンデス研究の新展開」を開催いたします。

かつてユーラシア大陸から北米大陸へと一握りの人類集団が渡り、その子孫が紀元前9000年ころ、南米大陸のアンデス山脈一帯に到達しました。多様な資源に富んだその環境に適応した人びとは、独自の感性をもって世界観を構築しました。紀元前3000年頃までにエクアドルやコロンビアに広まった土器や土偶、同じころペルーに建ち並び始めた壮麗な建築群には、古代アンデスの人びとの祈りが表現されています。工芸品や神殿に体現された信仰は人びとの連帯の基層となり、アンデス文明と呼ばれる大規模で複雑な社会が、その中から形成されていったのです。やがて16世紀にこの地に到達したヨーロッパ人は、インカ帝国や、タイロナなど周辺の諸文化の豊かさに驚嘆しつつも、武力によってそれらを征服しました。人類史における敗者となってしまい、また自らの歴史を記録する文字の体系がなかったために、アンデス世界はその後長らく、西洋中心的な歴史記述の中で脇役に追いやられることとなりました。

今日、アフリカ大陸とユーラシア大陸の大河流域に発祥した「四大文明」という語は、世界史教科書から消えつつあります。中米や南米に発祥した文明もまたたいへん古い歴史を持ち、経済や技術が高度に発達し、世界的に見ても常に大規模な人口を擁していた、成熟した社会であったからです。それを解き明かしてきたのは、歴史学、人類学、近年では古環境学やゲノム科学などの多様な研究分野であり、それらを結びつけるのが考古学です。古代アンデスの考古データは例えば、文字も車輪もミルクもなしに社会は飛躍的に発展しうる、と我々に示してくれます。60年前に東京大学がペルーの考古学に着手したのが発端となり、今や日本は新大陸考古学の国際的な拠点のひとつとなって、人間とは何かという問いを発信し続けています。

本展では、日本を代表する中南米古美術コレクションである、BIZEN中南米美術館収蔵の陶芸作品を中心に、古代アンデスの造形美術の妙趣を披露します。文字なき文明であった古代アンデスの人びとは、世界史の表舞台から消えてしまい、その名こそ今に伝わっていないものの、いかに豊かな感性を持ちあわせていたのか、遺された工芸品の数々が雄弁に物語るでしょう。またコトシュ遺跡やクントゥル・ワシ遺跡などにおける、日本アンデス調査団のフィールドワークの成果や、博物館に収蔵された土器をCTスキャンと再現実験によって解析し、音を鳴らす機構を組み込んだ高度な陶芸技法に迫る試みなど、古代アンデス研究の来歴と、多様な展開について紹介します。


このちらしのPDFはこちら
[おもて] [うら]


関連企画
記念講演会「アンデス考古学の60年」
講演者:大貫良夫氏(東京大学教養学部・名誉教授)

日時:2019年4月13日(土)14:00〜16:00
会場:東京大学駒場Iキャンパス学際交流ホール
(アドミニストレーション棟3階)
無料、事前申込不要
 
連続記念講演会 


 日時 講演タイトル
講師 
 6 月1 日(土)  「エクアドル 1 つの国の4 つの世界」
ハイメ・バルベリス氏(駐日エクアドル大使)通訳あり
 6 月8 日(土)  「東大アンデス考古学の現在」
鶴見英成氏(東京大学総合研究博物館・助教)
 6 月15 日(土) 「コロンビア概観と日本との関係の展望」
ゴンサレス・カレン氏(コロンビア大使館通商部 輸出アドバイザ-)日本語講演
 6 月22 日(土)  「ペルー日本人移民の歴史とマチュピチュ村を創った野内与吉の生涯」
野内セサル良郎氏(日本マチュピチュ協会・会長)
 6 月29 日(土)  「1969、古代アンデスとの出会い」
森下矢須之氏(BIZEN 中南米美術館・館長)

日時:6月の毎週土曜日14:00-16:00
会場:東京大学駒場Ⅰキャンパス 学際交流ホール
無料、事前申込不要

ワークショップ 
目黒区教育委員会連携講座
紙粘土体験「笛吹き土偶をつくろう!」

講師:真世土マウ(岡山県立大学デザイン学部造形デザイン学科・准教授)

日時:2019年5月18日(土)14:00~16:00
会場:東京大学駒場Ⅰキャンパス 駒場博物館2階
※小学4~6 年生対象
*4月中旬ごろから目黒区広報等にて参加者を募集します。


会場 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室南側
会期 2019 年3 月23 日(土)〜6 月30 日(日)
開館時間 10:00-18:00 (入館は17:30まで)
休館日 火曜日 ただし4月30日(火)は開館
入場料 無料
主催 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
共催   BIZEN 中南米美術館
後援  ペルー大使館、コロンビア大使館、エクアドル大使館、目黒区教育委員会、東大駒場友の会
協力  日本ペルー協会、日本コロンビア友好協会、東京大学総合研究博物館、岡山県立大学
問合せ先 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
TEL:03-5454-6139 FAX:03-5454-4929

駒場博物館トップページ過去の展覧会一覧

copyright